ウサギ(うさぎ)のケージは、屋外では、持ち運びできるのバリケンネルと呼ばれているケージやふたのあるバスケットにマットやバスタオルなどを敷いたものを利用します。

屋内で使用するケージは、ウサギを1匹(1羽)で飼育するようなら50cm四方くらいの大きさのもので良いといわれていますが、ウサギの大きさもまちまちですので購入するお店で聞いてみると良いでしょう。
屋内用のケージは、形や大きさなど様々ですが、掃除がしやすく、風通しがよいものを選びましょう。
ウサギにとって、ケージの中は生活の場なので、ウサギが住んだときに居心地の良いと思われるケージを選ぶようにしましょう。

屋外にウサギの小屋を作って飼育する場合、ウサギの歯が丈夫なのでかじって穴を開けられないような丈夫で堅い材木を使用するようにしましょう。また、底を地面のままにしておくと、穴を掘って逃げてしまうことがありますので、スノコを敷くと良いでしょう。出来れば、風通しと、ウサギを犬や猫から守るため、足のある小屋を作ってあげましょう。
また、屋根は雨が流れ落ちるよう斜めにし、前面や側面に金網を使用するなどして通気性を良くし、ウサギが大人になっても十分動き回れるような広さが欲しいものです。

屋内用のケージも屋外用のケージも、ベッドになる床には、トイレ砂の上に藁(わら)や木屑(きくず)、オガクズなどを敷き詰めると良いようです。

ウサギのケージの掃除は、週に一回はするようにしましょう。
藁や木屑を取り除き、ブラシで隅々まで掃除をし、床についた糞はゴムベラで取り除きましょう。その後、床にお湯を流し、ブラシでこすり、乾かした後で消毒液をかけます。

完全に乾いてから新しい藁や木屑を敷き詰め、清潔になったケージにウサギを戻してあげます。

Copyright (C) 2007 Artlink. All Rights Reserved

ウサギ(うさぎ)の飼い方・ミニウサギの飼い方・飼育|ウサギの種類・ブリーダー|ウサギの飼育用具

ウサギ(うさぎ)のケージ

ウサギ(うさぎ)の選び方
ウサギを飼う前の準備|ウサギを入手する方法や時期
ウサギ(うさぎ)の飼い方・ミニウサギの飼い方・飼育|ウサギの種類・ブリーダー

ウサギの飼い方 TOPウサギの飼育用具

ウサギ(うさぎ)の飼育用具は、持ち運び用のケージ(バリケンなど、バスケットでも良い)や屋内で飼育するケージ、エサ入れ、水入れ、寒いときのヒーター、床材、掃除用具などが必要です。

ウサギ(うさぎ)の飼育用具
ウサギ(うさぎ)の飼育用具
その他の飼育用具

広 告

床材の選び方
ウサギの繁殖