ウサギ(うさぎ)の飼育に使用する床材とは、ケージの底に敷く藁(ワラ)や新聞紙、乾草、毛布などです。床材が必要ない動物もいますが、ウサギの場合は敷いてあげるほうが落ち着いて生活することができるといわれています。
床材は、巣や産卵床になり、寒さ対策にもなり、ウンチやオシッコなどを吸収してくれます。しかし、汚れたまま長期間取り替えないと、雑菌やダニの温床になり、病気の原因になりますので毎日取り替えてあげるようにしましょう。

Copyright (C) 2007 Artlink. All Rights Reserved

ウサギ(うさぎ)の飼い方・ミニウサギの飼い方・飼育|ウサギの種類・ブリーダー|床材の選び方

ウサギを飼う前の準備|ウサギを入手する方法や時期
ウサギ(うさぎ)の飼い方・ミニウサギの飼い方・飼育|ウサギの種類・ブリーダー
ウサギ(うさぎ)の選び方

ウサギの飼い方 TOP床材の選び方

ウサギ(うさぎ)の飼育用具
その他の飼育用具

広 告

床材の選び方
床材の選び方

新聞紙

新聞紙は、読み終わった新聞紙を利用するだけですので、費用がかからず便利です。見かけはあまり美しくはありませんが、経済的なうえ、吸収性もよく、保温効果もあり、掃除が楽です。

乾草

乾草は、栄養価が高く、草食動物の餌になります。常に新鮮なものを敷くようにしましょう。

藁(ワラ)

藁は、水分をよく吸い、自然の条件下でも動物が冬を越せるほど保温性に優れている床材です。

毛布やバスタオルなど

毛布やバスタオルなどは、寝床用に使用することが多い床材です。

ウサギの繁殖